[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

【陽介】

和太鼓奏者・演出・作曲

名 前 / 小田洋介
性 別 / 男性
誕生日 / 4月4日
出身地 / 和歌山県橋本市
血液型 / A型

【特徴】
「三宅」「大太鼓」を得意とする直感系パワーヒッター
[/su_animate]

[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

【経歴】

[/su_animate]
[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

1999年 鼓童文化財団研修所入所。
2003年 鼓童メンバーとして国内外で活躍。
日本・世界30ヶ国での主な演奏。

  • イギリス=ロイヤルフェスティバルホール
  • アメリカ=カーネギーホール
        =ボストンシンフォーニーホール
  • フランス=パリオペラ座(ガルニエ宮)
  • イタリア=イタリアチェチーリア音楽院オーケストラと石井眞木作曲「モノプリズム」を指揮/下野竜也氏と共演、大太鼓を演奏。
  • 日本=新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。(wowow収録)
      =六本木ブルーマンシアターではブルーマンとの共演。
       『ブルーマン×鼓童・ブルーマンmeets和太鼓』(wowow収録)
      =他、陽介自身が演出構成した交流学校公演では国内70公演行う。
  • 国内では全都道府県で公演。また、世界各地で和太鼓ワークショップを行う。
  • 作詞・作曲も手掛け「暁(あかつき)」は自らの作曲。
  • 佐渡夏のイベント=アースセレブレーション祝祭の演出を2年にわたり担当、ゲスト出演に三味線奏者の上妻宏光、元ブルーハーツ梶原徹也、元宝塚歌劇団スター愛音羽麗、ダンスグループDAZZLE、ストリートダンス×男子新体操プロ集団 BLUE TOKYO を迎え共演する。
2013年 人間国宝 坂東玉三郎氏演出・主役『アマテラス』で スサノオ役に抜擢される。
  赤坂アクトシアター・京都南座・香川金丸座・大阪松竹座で演じる。(wowow収録)
坂東玉三郎演出構成=『鼓童ワンアースツアースペシャル』『アマテラス』『DADAN』『伝説』『永遠』『混沌』の6作品の舞台に出演。坂東玉三郎演出構成の「神秘」では演出補佐を務める。
2017年 9月、太鼓芸能集団 鼓童を退団。
兵庫県姫路市に移住。播磨を活動拠点に世界遺産・国宝姫路城と共に世界へと心の和を広げる活動を発信し、エネルギー溢れるパフォーマンスで魂を揺さぶる音を追求する。

[/su_animate]

 

[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

陽介の活動テーマ 「生きる 活きぬく」

[/su_animate]
[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

大太鼓の演奏を専門とし、自らの限界を超えた爆発的なエネルギーと長年磨き続けた技術、精神力で「人生は儚く 生命は尊い 与えられた限りある生命を最後まで活きぬく」を最大のテーマとしてに国内外で大太鼓のソロ演奏、コンサートのゲスト出演、アーティストとのコラボレーション、太鼓教室、他、交流学校公演等の活動を通して地球を響かせたい。その響きが平和への無数の中の小さな石でありますよう共振共鳴してその輪を広げていきます。

[/su_animate]
[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

【生命の授業と題して(学校公演)】
生命の授業と題して学校での公演を行っています。その授業を通して次世代に「感謝の心」「命の大切さ」「一歩踏み出す勇気」を演奏や太鼓体験そして自身の体験を通して楽しく伝えたい。「僕は勇気を出して一歩を踏み出し 命の大切さを知り 心から感謝出来た」生きていることは凄いことなんだと!

[/su_animate]
[su_animate type=”fadeInUp” duration=”1.5″ delay=”0.5″]

【世界中の大太鼓を打ってみたい】
ハワイで浅野太鼓作の特大大太鼓を打ち、愛媛県宇和島市で浅野太鼓作のギネスにも登録された大太鼓「平安太鼓」を打たせて頂きました。まだまだ、沢山の大太鼓があるので、挑戦していきます。

[/su_animate]